Home > 活動案内

image

----- 川鵜の駆除について -----
1月17日、犬運動の際、多摩川で漁協組合員が鵜の駆除作業中話を聞きました。
羽村堰から羽田迄を所轄する“多摩川漁業協同組合“は今期東京都より220羽の鵜駆除許可を取ったそうですが、 この鳥はなかなかズル賢くて調布狛江地区ではまだ5羽しか捕獲していない由。
11月に放流した2000尾のへら鮒はその殆んどが食害されたとの事。
せめて空砲だけでも使用できるように都と交渉しているが許可されない由。
鵜の天敵として狩猟者が協力出来る事がないか考えさせられました。
 
img
16/01/27
----- 活動紹介 -----
1月13、14日矢板出猟、13日は鈴木氏が同行。
その理由は鈴木氏のホームグランドが9月11日の洪水で壊滅的状況の為。
出合いは一度あり人家に向かって飛ぶ牡キジの勇姿を観賞したのみ。猟獲なし。
翌14日は単独猟するも早飛翔ちと藪中の翔音のみ。
矢板付近は、杉や桧など黒木が多いので音はすれども姿は見えないケースが多い。
加えて年明けと共に洪水被害の部改修が始まり、重機や工事車両が入り猟になりません。
悲観してもキリがないのでこの辺で発想の転換!種鳥多く残れば来期が楽しみと希望的観測に切り換え犬と森林セラピーに来た のだと割りきりましょう。
今回鈴木氏との猟行で楽しみにしてることが他にもありました。
私犬(もも)と鈴木氏愛犬は同腹の姉妹ブルトンです。
これは偶然に判った事実で、引き取り時ブリーダーからどちらでもよいと言われた時、迷いに迷って結局父親似の大柄なももを選びましたが時折 あの牝犬はどうなったか思い出すことがありました。
数年後鈴木氏と雑談と際驚いたことにあの牝犬を飼育しているとわかりました。
今回の共猟時犬同士で姉妹とわかるものなのか、短い尻尾を振りながら互いに尻を嗅ぎ合い、 吻を舐め合うお涙頂戴のシーンが見られるかと淡い期待があったのですがその場面には出喰わしませんでした。
もし犬言葉が喋れれば衝撃の事実を教えてやれるのに残念です(笑)。
 
img
 
犬たちとの集合写真を撮ろうとしましたがこれが大変な作業!三匹が同時に大人しくして ることは皆無。
 
img
16/01/27
----- 活動紹介 -----
- 山崎氏とイノシシ -
会員の山崎氏より、1月3日静岡県伊豆で150キロの大猪牡を捕ったとの連絡がありました。
山崎氏は犬を使う単独猟人で、イノシシ狩り専門のベテランですが、こんな大物は初めてとのことでした。
解体はほとんど終了していましたが、脂肪に分厚く覆われてまるで雪ダルマの猪バージョンといった様相でした。

150kgの大物にふさわしいキバ。とりわけ心臓も大きかったそうです。
 
img
 
まるで防弾チョッキのような被毛
 
img
 
イノシシ猟師の言葉がピッタリの山崎氏の風貌。
山崎氏によると、今年の夢見で大物が獲れる確信を得たそうです。
早速奥さんに宝くじを買う様に指示したとのこと。当たると良いですね!!
16/01/27
----- 初出猟のご報告 -----
 
解禁は15日、16日と、栃木県矢板に出猟しました。
15日午後、雨があがったのでヤマドリ猟。16時ごろ山道でもも(犬)が着臭、ポイント、3つ出たのを一射すると 発射音で更に至近から3つ、慌て撃ちで失中、どちらも取れず、犬に謝りました。
翌16日午前、中翔音と共にかぶって来たのを落とし、ももに腸を与えて昨日の詫びをいれ機嫌を直してもらい、めでたく手打ちとなりました。
 
img
半矢カモと「もも」のバトル
 
img
ヤマドリ猟で疲労グロッキー
 
img
新入り調布猟友会員と「もも」
 
img
 
img
かねてから欲しかったドイツポインターを飼いました。 8月29日生まれ。大食漢で「もも」の三倍食べてもまだ足りない様子。末恐ろしい ・・・。
16/01/03
----- 今後の狩猟行政 -----
 
狩猟行政のこれからの方向性を探る参考としてください。
平成26年10月に狩猟法が改正されました。
その主たる目的はこれ迄の野生鳥獣保護一辺倒から駆除による適正生息数の調整を図ろうとする内容です。
具体的には最近農林業に被害が著しいシカ、イノシシ駆除を当面の目標に、都道府県知事から許認可を受け、 法人化をすれば猟友会や警備会社、森林組合等民間団体であっても『鳥獣保全計画官』の策定計画の基、
夜撃ちを含め、捕獲を積極的に進める仕組みを大々的に採用し、10年間でシカ、イノシシを半減させようとする試みのようです。
その法人団体に加入して社員に成るには、知事の実施する講習習得が必要です。
尚、東京都は当面こうした法人団体は置かないそうです。
(ハンターにとっては獲物の減少に繋がるため、複雑な気持ちになりますね。)
上記内容については十分な資料等が不明なため、確実な回答が出来ないため、参考程度にとどめてください。
 
別紙参考 (認定鳥獣捕獲業者になるために必要な対応の概要)
 
15/09/08
 

<< 次のページ